一人飲み

100%中国人のイメージまんまの店発見!鴻運で一人飲み

投稿日:

台湾料理鴻運

中国人がやってる中華屋ってよくありますけど、どんなイメージを持ってますか?

思うに海外では寿司よりsushi、外国人に合わせた『寿司』が受け入れられているように、中華も日本人に合った料理を作る店が制するはずです。

カリフォルニアロールなんてのは良い例ですよね。

 

ただし、そうは言っても、僕たちが中国人の料理人に持つイメージをある程度再現してくれないと、行く意味がない気もしたりします。

んむ。難しいもんです。

 

今回のお店はここ。

鴻運

鴻運の外観

鴻運台湾料理

台湾料理店だそうです。

ホテルメトロポリタン盛岡NEW WINGを北方向、ラーメンショップぽん太方面にずっと行くとあるお店。

鴻運というネーミングや看板の色使い等、完ぺき日本人とは違ったセンスですよね。

 

さて店に入ると意外にも若い人たちがけっこういます。

2~4人の男女のグループ数組が食事していました。

カウンターの席もあったのですが、秒で座りたくねーと思ってしまいました。

寂しいカウンター

どこか切ない

パイプ椅子があまりに寂しいからです。

いっぽうテーブル席は隣としっかり仕切られてますし。

こっちにしましょうかね。

テーブル席に腰をおろします。

酒だ酒だ~

鴻運の生ビール

セルフ乾杯。

今日もおつかれオレ様。間違った今日もおつかれ様オレだ。

うみゃい!

こういうしゃれっ気のないジョッキで飲むのもいいもんですよね。

そういやさっきの店員、台湾人か中国人か知らないけど、ぶっきらぼうでした。笑顔のかけらも見当たりません。それでおっけ、それでこそ中国人。

中国人あるある。

鴻運のメニュー

メニューを見ると生は普通に500円くらいかと思ったら380円。安っ。金曜日はさらに安くて280円とのことです。中瓶が450円ってのもスンバラシイ。

 

さてメシは何にしよっかなっと。

 

これこれ。中華屋の楽しみって豊富なメニューから選ぶのが楽しいですよね。あれもこれもあっちもこっちも食べたい、んーでも今回はこれってね。

気分的にエビ炒飯680円と鶏肉の唐揚げ680円に決定!

メニュー エビ炒飯

と、ここでお通しの到着。お通しがあるのかい。

マーボー豆腐もどき

お通し

普通にうまか。

 

ここでチャーハンと唐揚げの到着。

 

早っ

 

そら早く来るのはある程度予想してたけども、それにしたって早い。

エビ炒飯

エビ炒飯 鴻運

エビは上に乗っけただけ。小細工するより逆にその潔さが評価できます。

デカい唐揚げ

鶏肉の唐揚げ 鴻運

おれでも食いきれるか心配になるレベル。

まずくはないんだけど味が濃い。なのに皿の上には茶色の化学調味料が。さすが中国人。

MOJA(仙台)を超える唐揚げに出会えてません。

 

しょっぱいから酒が進みます。

酒だ酒だ~

ビールのおかわり

鴻運。とにかく中国人がやってるお店のイメージまんまって感じ。

  • 量が多い
  • 出てくるのが早い
  • ぶっきらぼうな接客
  • 唐揚げがでかい
  • 味が濃い

僕のイメージぜんぶ叶えてくれる中華屋でした。

これはひょっとしたら通ってるうちに、そのときによって味が変わるとか量が違うとか、そんなアクシデントも楽しめる可能性ありますよ。

ダイナミック好きにはたまらない。

いやー、たまにはこうして健康を気にせず食いまくるのもいいもんですね!

-一人飲み

Copyright© 一人飲み、ああ一人飲み、一人飲み , 2020 All Rights Reserved.