一人飲み

MASSで一人飲み|メシの概念をぶち壊し

投稿日:2019-04-29 更新日:

ご飯の概念をぶち壊された一人飲みでした。

MASSという店です。

雨の中、県庁の近くのその店に向かったのですが、このあたりは良い感じの飲食店街ですね。雨模様も風情に加担してくれてます。

昼と夜の間のアイドルタイムだったので他にお客さんはいませんでした。ポルノのボーカルに似た料理人がクールに迎えてくれます。ランチが終わったら一旦店を閉めるお店が多いなか、こちらはぶっ通しで開けてるということで、昼から飲みたい僕には大助かり。

しかもランチメニューが4時まで大丈夫で、やったラッキー!若鶏のチリソース炒め定食をお願いしました。

待ってるあいだ雑誌を物色していると小さな発見がありました。盛岡にはエリアアイというグルメ雑誌があるんですね。知らなかった。しかも月刊。いつもネットで情報を仕入れていたので、こんな雑誌を見るのもいいですよね。

定食を待ってるあいだにもう一つ。きょろきょろ店内を見渡すと、実に良い雰囲気。昔の家って感じです。でも劇的ビフォーアフターのビフォーって感じではなく、古き良き時代の家って感じ。女子も好きそうと思っていたらやっぱり。

数分後若い女性二人組がやってきて、ランチメニューを頼むのかと思いきや日本酒を飲み始めました。平日休みの仕事なのでしょう。アパレルとかですかね。お洒落な女の子たちでした。

そう。そんな若い女性にも支持されているMASS。マス。

難点が一つ。カウンターが狭いんです。隣同士との席が狭いのです。肘掛け付きの椅子を使っているので、座り心地は悪くないしデザインも良いです。足元は荷物カゴがあるけど十分に広くテーブルも広い。ただ、隣同士とめっちゃ近いわけです。

あえてこのようにしていて、一席間を空ける使い方をしているのかとも思いましたが、そうでもないようです。後から来たサラリーマンは、なぜか若い女性たちの真隣に座らせられていてちょっとウケました。

嫌いな人には近づきたくないように、心理的な距離感と物理的距離は比例するなんて言いますからね。カウンターみんな友達、仲良く飲んでね、ってことなのかもしれませんがね。

おれこんな店知ってるんだぜ的な使い方できそうな店ですけども、連れと二人でカウンターは遠慮したいですね。たぶん店員とのおしゃべりを楽しむお店ではないので一人では行きますけども。

定食が来ました。

サラダと漬け物、味噌汁が付いて800円くらいでしたかね。やっぱランチの定食ってどこもお得感んぱないです。味噌汁からいただき。

しょっぺ!

煮詰まり、赤だしの見た目も手伝ってしょっぱいです。味は良いんだろうなと分かりますが。

うん。鶏チリは文句なしにうまい。ご飯がすすみます。

ご飯はかまどで炊いたからかもちもちしていて甘く、ダシでも入ってるんじゃね?ってほど。

炊きたてじゃないのにこんなのって、炊きたてはどんなご飯になるの?と既成概念をぶち壊されましたね。こんなに変わるなら炊飯器買い替えようかというレベル。

ご飯をおかわりして食事が落ち着いてきたのでそろそろ行きますか。ビールです。

珍しいサッポロラガー。

食事後の一杯。いいですね。

仕事の壁、理不尽な上司、孤独。全て忘れられるひととき。これですこの一時のために生きてます。

帰りは来た方向と逆へ歩いたら、今年のはじめに初詣に行った桜山神社がありました。大通りを突っ切るとこのあたりに出るんですね。そういやあのときも一人だったな。まいっか。

-一人飲み

Copyright© 一人飲み、ああ一人飲み、一人飲み , 2021 All Rights Reserved.